天高く馬肥ゆ秋も深まり、そろそろ冬になろうかというこの季節。





ついつい食べ過ぎちゃいますね。





  
今夜は体型の話でもしましょうか。







ここで、一つ自慢をします。






僕はまぁまぁそれなりの体型であります。







29歳、お腹、出てないですよ。

(人生の先輩は不気味な笑顔でこれから太ると言うけれど)






ぽっちゃりでもなければ、ガリガリでもなく、極端にムッキムキでもない。







それなりに筋肉もつけているつもりだ。







少しは気をつかってたりする。







晩御飯を食べなかったり、筋トレしたり、野菜やササミを摂ってみたり。








一時期は雑誌『Tarzan』を毎週購読し、プロテインを飲んで、筋トレと走り込みをした。








夏に海に行くわけでもないのにね。






ある日、ウチのオーナーが僕に頼んできた。







「痩せたいんだが、コーチしてくれないか?」






聞けば、いろいろなダイエットをやってみたのだけれど、どれも長続きしなかったらしい。






「本気でやるならいいですよ」






と、僕は答えた。






飽きっぽいオーナーだけれども、毎日少しずつのダイエットが始まった。







レコーディングダイエット、食い順ダイエット、さらに奥さんがヘルシーな食事を準備、ごはんの前には水をしっかり飲む、最初の一ヶ月は筋肉トレーニング…etc。







  







オーナーは最初の一ヶ月で3キロほど痩せた。

(理想的なペースである。急激に痩せるのはよくない)







誰が見ても少し痩せていた。






そして、筋肉もついてきたのそろそろ有酸素運動に移ろうかという時期で、オーナーはついにダイエットに飽きてしまった。






ここからが怖いのである。







ご存知、リバウンドである。







抑制された食欲は解放され、忙しさも相まってか運動もできない。






またもや、オーナーは元の木阿弥となってしまった。

  













ところで、僕がヒップホップ好きなのは、みんなが知っているところだと思う。






ヒップホップにはマッチョイズムという男の強さを全面に押し出す考えがある。






もちろん、ジャパニーズヒップホップには別の考え方もあるし、それは人それぞれなんだけれども。






僕はゆるいのも、マッチョイズム溢れるのも、軟派でイケイケなのも、全部好きだ。

(売れるジャパニーズヒップホップはマッチョイズムなのは少ないけど)





マッチョイズムがなくったって、太ったらB系のファッションになっちゃうかもね。






僕は上半身裸でPVに出るラッパーを格好良いと思ってるよ。笑ってる人もいるかもだけど。






だから、今夜も筋トレするよ。







http://youtu.be/Hak85pZhV0E
(僕はこの曲聴いていつも筋トレをしているよ)







筋トレをすると、自分に自信がつく。






プラス思考になる。







そりゃあ、そうでしょ。







毎日鏡の前の自分が良い体になっていくのだから。

(芥川賞の「スクラップ・アンド・ビルド」を読んだら分かりやすいかと)








自己顕示欲VS食欲、あなたは勝つのはどっちかしら?



はい、偉そうなこと言いながら昨日の晩は揚げ物とビールで晩酌しちゃった感じで。

(アウトー!オーナーにあんまり偉そうなこと言えないぜ)





おまけ
http://youtu.be/W67ZMyUscCE

いつもこれ観てオーナーと筋トレしてます。

目指せ!ボクサー体型!