今夜は僕が生まれた年の映画「エイリアン2」の話をしよう。

  

何故って、H・R・ギーガーのデザインは何時だって僕たちを魅了するからだ。

あの、性器と機械と虫が合わさったようなデザイン、最高だよな。

   
うん、確かに気持ち悪いよ。

でも、それを余り補ってのハイセンス。

僕は密かに彼のファンなの。

  
(ちなみに彼はエイリアン2以降の作品には関与してないのだけれど)

  
  
彼の作品は不気味で怖いけど、何か惹きつけるものがあるのさ。

最も、彼は「自分の作品が好きな人はクリエイティブかクレイジーかのどちらか」などと言ってたらしいが。

   
 
写真はスイスのギーガーカフェ。

行きたいところだったりする。

まぁ、デザインの美しさもさることながら、なんといっても「エイリアン2」では監督・脚本がジェームズキャメロンなのだ。

(脚本は2日で書き上げたそうだが)

彼は「アバター」「タイタニック」「ターミネーター」などを手がけた人だ。

そりゃあ、面白いよ。

武器も格好良いし、ホラーではなくアクション映画として楽しめる。

  
「ターミネータ2」と同じように、「エイリアン2」では合成人間(アンドロイド)が人間の仲間になってたりする。

(もっと言えばターミネーターと同じくサイバーダウン製という設定)

そして、「エイリアン2」では母の愛が描かれている。

   
 
人間とエイリアン、違っていても子供への愛は同じなのかもしれない。
今観ても、とっても面白い作品であることは間違いないよ。CG?なにそれ?

エイリアンはゴミ袋で、できてるやつもあったりして。

ところで「エイリアン2」で主人公が履いていた「エイリアンスタンパー」というスニーカー。

実際にリーボックから出てたりする。

しかも、去年復刻してたりする。

  
こいつをネットで買うか非常に悩んでいる。


「エイリアン2」にこんなセリフがある。


「悪夢を消すには対決するしかない」




はい、月末はホットケーキとレトルトカレーで過ごす感じで。




おまけ

http://youtu.be/NpwjoWQFWSM