スタッフ日記

さよならゴッドファーザー

突然だが、今回で最終回だ。

(出だしはカウボーイビバップの「よせあつめブルース」のパクリ)

永遠に続くものなんてない。

それが僕のつまらないブログなら、なおさらである。

聞いた話ではけっこう、読者さんはいてくれてたみたいだ。

ありがとう。

しかし、僕は天邪鬼なわけで。

最後の夜は読者さんのうち、95%の人は恐らく興味がないであろう。

ギャング(マフィア)映画の話をしようか。
  

もしかしたら、僕が一番好きなジャンルかもしれない…

ギャング映画の良いところ?

それは、スーツ着て、ぶっ◯して、お金を奪う?そんな単純なものではなく、人間ドラマが秘められているからだ。

人によっては嫌な印象があるのかもしれないが面白いものは面白いのだ。

受け取り手次第なのだろうけど、男の本能をくすぐる、生き様が格好良い。

(もちろん、犯罪は悪いことなんだけど、作り物として観る分にはいいでしょ?)

   

 
例えば、ゴッドファーザー。

外国の役者は目で演技をすると言うが

まさにそうだ。

マイケル役のアルパチーノの目がだんだんと変わっていくところがたまらない。

そして、マフィアモノと言えば、ご存知のロバート・デニーロ。

特にスコセッシ監督とのコンビは最高だ。

グッドフェローズもカジノも良いよ。

裏切り、裏切られる。

マフィアの人生は欲にまみれているし、切ないし、儚い……

単純明快ハッピーエンドでもないし、暗い結末だけってわけでもない。

いろいろあるのが人生だと言っているようなのさ。

言えばもう一つ。

僕の大好きなタランティーノ監督は映画に「何の意味もない」を取り入れた人だ。

何の意味もない会話。何の意味もないストーリー。しかし、それこそがリアリティではないかと。味ではないかと。

  
例えば、ある男がいたとしよう。

美容師になったとしよう。

いろいろやってみたが、モノにならなかったとしよう。

何の意味もない十ヶ月?

かもしれない。

だが、違う仕事についてもいろいろある人生は続く。

僕の目もマイケルのように変わっていってしまっているのかもしれない。

今のところは何がハッピーエンドで、何がバッドエンドかはわからない。

そう、マフィア映画のように。

それぞれの人生があるってことなのさ。

そんなわけで、僕がお店のブログを書くのは今日までだ。

わざわざ読んでくれていた皆様、どうもありがとう。

それでは再見!







おまけ
パルプフィクションが好きだから?

とりあえず、僕はもう少し過激なブログをここに書いている。

たまに見に来てくれていたあなた、暇つぶしはこちらで。

そうそう、Hair make RECOLIA さんとは何の関係もないので、そこんとこよろしく。



http://blog.livedoor.jp/amanekei921/ 


はい、意外と早い再見な感じで。

 

進化キャンセルはBボタン

ポケットモンスターの主人公。

サトシは今年でおそらく三十歳。

実は僕と同い年だったりするんだ。
  

ポケモンマスターになろうと思って、10歳の時に飛び出してから20年。

彼は何を思って日々を生きていたのか。

あ、そうそう、わからない人の為に「ポケモン」が何かを話さなきゃね。

今夜はポケットモンスター、通称ポケモンの話をしよう!

(ゲームと音楽と映画の話となると、僕はとたんにイキイキしてくるのさ)

この世界にはポケットモンスターという生物がいる。人々はポケモンと一緒に戦ったり、暮らしたりしているのだ。




…なんて甘いことは言ってられない。

インターネットの普及で世界中の人と対戦できるようになった現在。

ポケモン廃人と呼ばれるポケモントレーナーによって、とんでもない作業ゲームとなっているのだ。
それでは、初期のポケモンぐらいしか知らない貴方に現在のポケモンを教えよう。

 ゲームのポケモンは今やものすごいことになっている。






その1

ポケモンの種族値というものがある。

それぞれのポケモンの能力である。

(または能力の伸び率)

  




その2

努力値である。(今回は第6世代の話とと)

すごい簡単に言うとですね。

ポケモンを倒すと「攻撃」や「素早さ」なんかの努力値(基礎ポイント)をもらうことができるのである。

最大510ポイントためれるのだが、一つのステータスにつき252ポイントである。

例えば、HP54、攻撃252、素早さ204などと割り振れば、パラメーターの伸び率はさらに変わる。









その3

特性……あれ………?









  
 








ねぇ………聞いてる?






間違いなく、「何言ってんだ?」みたいな顔してたでしょ。






とにかく個体値やら、めざめるパワーやら、性格やら、道具やら…

ポケモンの強さは無数のいろいろなランダム要素によって複雑に作られている。






素人が手を出して良いゲームではないのだ。(任天堂関係者の方々、これはジョークです)

  


ちなみに僕は6vのメタモンとポケルスを持っている。

実は、昔、ポケモン廃人だったんだ。

来る日も来る日も十字カーソルで自転車を乗り回し、ポケモンを羽化させる毎日。

インターネット上でひたすら戦う日々。







そんな僕が今は美容師。








わかんないもんだね。

  









これ以上話すと、ブログの読者が離れてしまいそうなので、この辺で。






最後に最近のゲーム内のポケモントレーナーの画像をば。

  
ううむ、なんか昔と違う……。








マスターボールくださいな。

はい、大人のおねえさんに投げる感じで。







おまけ

http://youtu.be/c4s0fngozaU
これの専用コントローラーがあんまり売ってない。

誰かください。

タイトルは複数形

今夜は僕が生まれた年の映画「エイリアン2」の話をしよう。

  

何故って、H・R・ギーガーのデザインは何時だって僕たちを魅了するからだ。

あの、性器と機械と虫が合わさったようなデザイン、最高だよな。

   
うん、確かに気持ち悪いよ。

でも、それを余り補ってのハイセンス。

僕は密かに彼のファンなの。

  
(ちなみに彼はエイリアン2以降の作品には関与してないのだけれど)

  
  
彼の作品は不気味で怖いけど、何か惹きつけるものがあるのさ。

最も、彼は「自分の作品が好きな人はクリエイティブかクレイジーかのどちらか」などと言ってたらしいが。

   
 
写真はスイスのギーガーカフェ。

行きたいところだったりする。

まぁ、デザインの美しさもさることながら、なんといっても「エイリアン2」では監督・脚本がジェームズキャメロンなのだ。

(脚本は2日で書き上げたそうだが)

彼は「アバター」「タイタニック」「ターミネーター」などを手がけた人だ。

そりゃあ、面白いよ。

武器も格好良いし、ホラーではなくアクション映画として楽しめる。

  
「ターミネータ2」と同じように、「エイリアン2」では合成人間(アンドロイド)が人間の仲間になってたりする。

(もっと言えばターミネーターと同じくサイバーダウン製という設定)

そして、「エイリアン2」では母の愛が描かれている。

   
 
人間とエイリアン、違っていても子供への愛は同じなのかもしれない。
今観ても、とっても面白い作品であることは間違いないよ。CG?なにそれ?

エイリアンはゴミ袋で、できてるやつもあったりして。

ところで「エイリアン2」で主人公が履いていた「エイリアンスタンパー」というスニーカー。

実際にリーボックから出てたりする。

しかも、去年復刻してたりする。

  
こいつをネットで買うか非常に悩んでいる。


「エイリアン2」にこんなセリフがある。


「悪夢を消すには対決するしかない」




はい、月末はホットケーキとレトルトカレーで過ごす感じで。




おまけ

http://youtu.be/NpwjoWQFWSM

ホワイトデーはかえさないよ

その夜は帰しませんよ。

なんつって、すんません。

スピードワゴンさんのパクリです。


もうすぐヴァレンタインデーですね。

男の子はドキドキするものだぜ。

今時の学生がドキドキするかはわからないけどね。

少なくとも、僕の学生時代は一大イベントだったよ。

今夜はチョコレート業界の仕掛けた甘い罠、ヴァレンタインデーについて語ろう。  

チョコレートを贈るのは日本特有である。他の国ではカードや、雑貨を送ったりもする。特に決まってないのだ。

ちなみにサウジアラビアではヴァレンタインイベントが違法だったりする。

まぁ、お国柄が反映されるのだ。

日本では女性が男性に愛の告白をする日でもある。

(草食系男子が多いので、ちょうど良いと思うのだけど)

だからこそ、学生時代はドキドキしたのだ。

「クラスの高嶺の花のあの子、僕のことが好きだけど、告白する勇気がないんじゃないかな。でも今日はヴァレンタインデーだから…」

などと、思ってしまう。

 
間違いなく、男子生徒はいつもより意識をしている。

気が早いやつは一月ぐらいから、女の子に優しくしたものだ。

ちなみに僕たちはヴァレンタインデーに、匿名でチョコをモテない友達の机に忍び込ませるというイタズラをよくやった。

(僕もやられたことがあるのだけれど)

とにかく、十年以上前には確かに「本命チョコ」をもらえるかどうかのドキドキがあったってことさ。

  
時は流れる。

2016年。

本命チョコ、義理チョコだけではない。

友チョコ、逆チョコ、自己チョコ…

いろんな種類のチョコが出てきた。

今の子は、僕らの時代に比べて「本命チョコ」をもらうドキドキ感は少ないのかもしれない。

それは、売上アップを目論むチョコレート業界がいろんな種類のチョコレートを出したせいかもしれない。

本命チョコの尊さが、ぼやけてしまった。

2016年、2月某日。

僕は梅田の阪急にいた。

催事コーナーで「雑貨蚤の市」をやっているのが目当てだったのだか、ついでにデパ地下のチョコレート売り場と、カカオワールドとショコラティエさんの特設会場も観てきた。

   
   
ううむ、平日の朝にすごい人気だ。

結局のところ、女性はチョコレートが好きなのだ。

男性は女性が好きなのだ。

それでいいじゃないか。

お返しには間違いなく愛を込めている。


  



ちなみに欲しいものがあるなら、手作りチョコをお父さんにあげなさい。

お返しに何でも買ってもらえるさ。

現代の錬金術であるのさ。

  


はい、今年のバレンタインは日曜日。

どしどし、プレゼントをお待ちしてる感じで。




おまけ

http://youtu.be/NIVW4erSXXM

四角いやつが丸く死ぬわけがない

今夜はサッカーの話しようと思う。

  
(顔がでかくなっちゃった…)

僕はサッカー部だったわけでない。

それでも、Jリーグ発足から近年までのW杯などでの盛り上がりでサッカーファンとなった。

僕の大好きな選手は、もう引退しちゃったけどジェンナーロ・ガットゥーゾ。

   
大ファンである。

彼が所属していた頃のセリエAはレベルが高かった。

当時のミランは、間違いなくトップクラブの一つだった。

インザーギ、セードルフ、カカ、ピルロ、ネスタ…上げればキリがない。名選手だらけだった。

しかし、その中でガットゥーゾはテクニックがなかった。足もそんなに早くはなかった。もちろん、シュートも上手くない。

あるのは気合いだけである。

不屈の闘志と、スタミナ、そして汚い仕事をやり続けるメンタルである。

あだ名は狂犬、潰し屋…

ガットゥーゾがいるから、他のスター選手が活躍できるのである。

世界最高の選手を何度も完全に封じた、潰した、ぶっ飛ばした。

  ものすごい勢いで何度も、何度も潰した。スライディング、ファールすれすれの嫌がらせ、潰すたびに、目の前で叫んだ。

僕はそれをテレビで観たとき、テンションが上がったものである。

下手くそなオッサンがスター選手をぶっ飛ばしてるっ!!!

最高じゃないかっ!!!

ジェンナーロ・ガットゥーゾ。

まるで、ラクビーのようにサッカーをする男。

ただひたすら、自分の仕事を全うした。

髭を生やしてるのは、実は童顔だからなめられないためである。

  
(このカードは今でも持っているし、当時も使用していた)

かつて、トッティなどイケメンスター揃いで女性人気が半端なかったイタリア代表で、ただ一人モテなかった男である。

しかし、男性人気はダントツであった。

  
(ちなみに一番左端である。)

その当時、街中でフットサルが流行りだしていた。

当時、僕はサッカー経験がなかった。

僕も毎晩草フットサルに繰り出したものだ。

その当時の大阪の扇町公園は震災前で、夜中でもライトが照らされていた。

  
昼間は一日中、専門学校で美容師の勉強であった。家に帰るとレッスンや大学の課題。

僕のストレスを発散するのは真夜中のフットサルしかなかった。

だが、残念なことに僕にはテクニックがなかった。

どうすればいいのか?

頭の中で髭のおっさんが笑っている。

  
そう、狂犬になるしかないのさ。

ガットゥーゾは言っていた。

「俺は下手くそだから、一人の10倍走らなければいけないんだ」

「俺が相手から10回ボールを奪うことは、1ゴール決めるのと同じか、それ以上の価値がある。ガットゥーゾにガットゥーゾの仕事があるんだ」

その日から僕はハードワーカーとなる。

ひたすら走るのである。

上手いみんなの足が疲れて止まってきたとき、ようやく人並みになれるのだ。

あれから10年近くが経った。

今では僕は髭でロン毛である。

童顔でも、なめられたくないわけではないのだが。

とにかく、この選手には人生においての何かを教えてもらった気がするんだ。

他の人にはできない、僕には僕だけの何かがこの世にあるのかもしれない。

そうだろ?

ジェンナーロ・ガットゥーゾ!

  
 

ちなみに引退したガットゥーゾに海外メディアが、

「メッシを止めるのにはどうしたらいい?」

と質問した。

ガットゥーゾは即答した。

「蹴っ飛ばせばいいんだよ」

さすがである。

  

今回はサッカーの話じゃなくて、ガットゥーゾの話なってしまったね。

しょうがないね、ファンだからね。

はい、サッカーの話はまた今度する感じで。

おまけ

http://youtu.be/Fwq0pPWRhME

僕はこれだけで満足だ、タバコとコーヒー、少しの会話。それと、君と僕と5ドル。

タイトルが長いよ。

リアリティ・バイツの台詞。

ウィノナ・ライダーはいつでも綺麗。
今夜は喫茶店の話をしようか。

カフェではない。カフェの話は、また今度。

  
以外と、コーヒーチェーン店は多い。

ドトール、タリーズ、スタバ、コメダ珈琲、ベローチェ、上島珈琲店、ルノアール(関西で見ないけど)、サンマルクカフェ、プロント、英國屋……

僕も昔、バイトしたことがある。

実は、珈琲が好きなのである。

もっとも、僕の馬鹿舌は缶コーヒーでも美味しいと感じてしまうんだけどね。

  
星の数ほどある、コーヒーチェーン店の中で第1位、圧倒的人気を誇るのはもちろん「スターバックス」だ。

なんだろう、個人的な意見を言わせてもらおうかな。

「アレは珈琲屋じゃないよな。パフェ屋だろ?」って思ってました。

なんとかマキアートとか、なんかフェラペチーノとか、すごいよな。

女性が虜になるのもわかるのである。

僕も先日、駅前のスタバに行ってみた。

接客も素敵である。

そりゃあ、何回も行ったことあるけど、たまに来ると良いものである。

サイズがS、M、Lではない。

ショート、トール、グランデ、ベンティである。

なんだろう、注文するのがいつも恥ずかしいのだ。

最近はスタバでココアばかり頼むのである。

寒いからね。

  
地元の大阪には喫茶店はたくさんあった。

お洒落なところから、昔ながらのところまで。そこでゆっくりするのは至福の時間だった。大抵一人か、女の子と来ていた。

僕は本を読むのが好きなのだけれど、たまには外で読みたい日もあるからね。

チェーン店は男友達とタバコを吸う為によく行っていた。当時は(今もだけれど)お金があんまりなかったのだ。

馬鹿話をしながら珈琲とタバコを味わうのは僕の青春だったのかもしれない。

まだの人はコーヒー&シガレッツという映画の短編集を観てくれ。

タバコが嫌いな人も、気持ちぐらいはわかってくれるかもしれない。

  
ドトールのブレンドコーヒーで粘ってた男が最近はスタバだって?

おいおい、ちょっと出世したじゃないか?

いや、違うんだ。

実は、こういうものがあってね…

  
 
結婚式の二次会で、スタバのギフトカードが当たったのさ。

ま、そんなわけで後何回かは飲めるわけさ。

はい、山科駅前のスタバで僕と逢ったら一杯おごる感じで。

スタバ、喫煙席作ってくんないかなー。

おまけ

http://youtu.be/vN3ic7w0g7c

女性アイドルについての無駄話

今日はアイドルの話をしようと思うんだ。

  
アイドル絡みで炎上なんてしたくないのだ。

はじめに言っておくけど、アイドルのこともアイドルファンも嫌いじゃないよ!

別にドルオタってわけじゃないけどさ。

この世には信じられない数のアイドルグループがある。

 
地下アイドルって何?じゃあ地上アイドルがいるの?ん、痴女アイドル…?

いや、すいません、なんでもないです。

……気を取り直して。

  
女性アイドルってのは1950年代ぐらいから出始めたらしいですね。

それまでは「アイドル」ではなくて、「スター」と言われたものだったとか。

代表的なもので言えば、70年代にキャンディーズやピンク・レディー。

80年代に入り、松田聖子さんやおニャン子クラブ。

90年代は広末涼子さんや、モーニング娘。。

00年代前半まではモーニング娘。などのハロープロジェクトが勢いをそのままにしていた。(松浦亜弥さんなど)

そして00年代後半から10年代……アイドルは戦国時代を迎えている。

もちろん、秋元氏プロデュースのAKBグループが天下を取ってはいるのだけれど。

  
アイドル=偶像という意味なのだが。

若者たちが憧れている、なりたがっている人のことを言っているのだろう。

今どきは一口にアイドルと言っても、ずいぶんと細分化されてしまった。

最後に「アイドル」とつけばなんでもありなのだ。

グラビアアイドル、ジュニアアイドル、バラエティーアイドル、フードル(なんの略称かは想像にまかせるよ)、そしてなによりアキバ系アイドルと呼ばれる存在である。

   
これは、個人的な意見だが、アイドルにハマりやすいのはヤンキーなどの不良や、オタクなどのアキバ系の人な気がする。

両者に共通するのは、マイノリティーななことと、世間に受け入れられにくい(今どきはそんなことないけど)ことである。

そこに、アイドルが出てくるとしよう。

裏切らない、自己を認めてくれる可愛い子だ。そりゃあ、ファンになっちゃうよ。

また、キャバクラのお姉さんと違って、ファン同士で仲良くもなれる。

しかし、アイドルの握手会商法はなかなかエゲツないなぁと思う。

僕の友人のアイドルオタクは、あるグループのあるメンバーのTO(トップオタ)になるため、相当つぎ込んでる。

TOとは、そのメンバーに一番握手券なり投票券なりを貢いだ人のことだ。

家には投票券を抜いたCDケースが段ボールに十箱以上!

(もはや、ブックオフでも買い取ってくれないらしい)

ううむ、恐ろしや。

  
勿体無いと思うのは僕だけだろうか。

アイドルのグループ数は、今や過去最大。多種多様。老若男女がハマっている。

◯◯◯できるアイドルや、◯◯◯なアイドル等、様々である。

お金さえ払えばなんでもアリなのか?

恋愛禁止なのに、恋愛の歌を唄うのか?

こんなにもうるさく言うのは、僕たちもまた、アイドルに魅せらているのかもしれない……

   
最後に、少し思い出話を。

昔、僕は某雑貨屋で働いていたのだけれど、お店のグッズ販売イベントでけっこうな数のアイドルさんを見てきた。

皆さん、礼儀正しいのである。

どこにでもいそうな子なのだけれど、ライブパフォーマンスはすごいの一言に尽きる。(だんだん成長して、オーラも出てくる)

当時、好きだった女の子が気に入ってるアイドルもイベントをしていた。

僕は頼んでサインをもらっておいた。

プレゼントすると、ものすごく喜んでくれたのである。

そのとき思ったね、アイドルのパワー、スゲェな!って。

ものすごく、人に元気を与えれる職業。

それがアイドルなのね。
  





個人的には「宇宙を駆ける金色の異端児」でお馴染みのでんぱ組の最上もがちゃんが好きですね。

  




はい、今回もまったく美容は関係なかった感じで。僕もアイドル目指そうかなー。








おまけ

http://youtu.be/NypVvG9fQ7o

メロンライスにガムライス…

神の存在を信じるか?

いや、宗教チックだね。

このブログで宗教や政治の話はしないと決めている。

そりゃそうだろ。みんなそれぞれと考えがあるのだ。

パブリックなブログで炎上しかねない火種を入れるなんて馬鹿のすることである。

ん?僕の存在がすでに火種だって?

神様、お助けください。

  
神道、仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教…

いろいろあるけれど、初詣は神社やお寺へ行くのが一般的である。

といっても宗教と意識して行く人は何割なんだろうか?

日本人はみんなイベント好きなので、とりあえず行くのである。

それがどんだけ混雑していても……

1月3日。

僕は京都の伏見稲荷にお参りをしていた。

したくて、してるのではない。

他府県から来た後輩が、「どうしても行きたい」と言ってゆずらないのだ。

お正月、伏見稲荷には270万人が訪れるという……

270万人だぜ?

案の定、混雑している。

  
(これはまだ入り口です)

外国人の人も多い。

京都は世界一の観光地なのだ。

警備員さんが一生懸命、「右側通行してください」と叫んでいる。

英語かチャイ語でも言った方がいいんじゃないか?

  
上は奇跡的に撮れた誰もいない参道、

本当は……

  
こんな感じ。

オーマイガッ!!!

並ぶ、並ぶ。

人が並ぶ。

頂上へ行っても並ぶ。

  
この人の並ぶ長さは人間の欲の深さを現しているのかもしれない。

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教に入信しなおそうかしら?

後輩はおみくじをひいた。

凶だった。可哀想に。





そんなことしてるうちにお店の営業が始まった。

お正月だけど、RECOLIAはぼちぼち繁盛している。

休みボケもなく、なんとかうまくいっているのは、270万人の混雑を経験したからだろうか。

兎に角、皆様、今年もよろしくお願いします。

  
はい、僕が営業開始二日目に風邪でダウンしたのはここだけの話で。






おまけ

http://youtu.be/gZaelu4lieE

あけおめことよろ

あなたがこのブログを読んでると言うことは、年が明けたんでしょうね。

あけましておめでとうございます。

2016年の幕開けだ。

正月休み中なんだぜ。

ブログにも正月休みが欲しいもんですね。いや、いらねぇか。

まぁ、今年もいつも通り、まったく美容に関係ない話をしていきたいと思います。

(それで許されるのは、ウチのオーナーの懐の深さかもしれないが)

 

今年の抱負ってわけじゃないが、毎年、正月には目標を立てるよ。

みんなもそうだろう?

たいてい二月か三月までには忘れちゃうアレだけどね。

人間はみんな、変わりたいのだ。

まぁ、新年になったからって、とくに何もない。

ゴロゴロするのも嫌なので元旦からジョギングをしてきた。

僕が住んでる街、京都の山科は「山に囲まれている」から山科と言う地名らしい。

少し走ると、もう坂道になる。

坂道トレーニングにはもってこいだ。

今年はさらに良い身体になるだろう。

見た目だけではなく、身体能力が上がるのだ。

僕も今年で30歳。

(ゆずの「もうすぐ30歳」を聴けるのもあとわずか)

若さは永遠ではないので、身体作りをがんばりたいのである。

  

去年からハマっていたダーツを本格的にしていこうと思います。

マイダーツを買ったよ。

いろいろ試し投げをしてみて、気に入ったものを購入。

ダーツって、なぜか中二病なデザインのものが多い気がします。(失礼!)

僕のダーツのフライト(羽根の部分)は無地の黒だ。シャフト一体型のスタンダードタイプ。

…とか書いたらなんかそれっぽいよね。
でもまぁ、実際はとんでもなくヘボなのである。

それでも僕は悪い癖で形から入りたがるのだ。

エビングハウスの忘却曲線では、一週間前のことは記憶しなおさない限り78%は忘れるとされています。

忘却曲線が関係しているかわかりませんが、ダーツというものも、ちょっと間が空くと腕がすごく落ちるらしいのです。
(ちなみに漫画ピンポンでは速攻陣営の表ソフトプレーヤーが3日サボったら、勘を取り戻すだけで一週間は必要って言われてましたね)

というわけで、マメに通ってがんばります。

  

やりたい事はたくさんあります。

とりあえずここに書いていってみようか。

いや、そんなのお店のじゃなくて自分のブログでやれ!とお叱りを受けるかもしれませんが。

ま、お正月なんで無礼講ということで。

(そんなこと言って、毎日無礼講だよぉ)

ピアスもっと空けたい。

舌に空けたい。舌に。

でも一ヶ月舌足らず状態なので諦める。

「ひらっひゃいませー」とか挨拶してくる美容師がいたら、僕は嫌だ。

  

海外旅行に行きたい。

お金と時間はないけれど。

それも、できれば一人でふらっと行きたい。

危ないって?だから坂道ダッシュしてるんですよ。はい。

大丈夫!大晦日は格闘技観たから!

強くなってるから!

  

美容の練習もやりたい。

カラーの練習をしたいなぁ、と思います。

人間はみんな変わりたいんだろうから、

髪の色でも変えたらどうかな。

  

iPhone6SのCMみたいに言いたい。

「そう、やりたいのはたったこれだけ」

(本当はヤりたいことはもう少しあるのですが、お店のブログで炎上しても敵わんのでこの辺で)

えー、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

はい、忘却曲線が下降しないウチに、いろいろと思い出す感じで。

レッスンも目標もね!

おまけ

10秒は聴いてちょ!

http://youtu.be/QuGu9LgbBNg

年末のけーちゃんの日常

こんちわ。寒くなってきましたね。






ご存知の通り、毎週金曜日は僕のブログである。






今回は特にネタもないので、最近の出来事をつらつらと。







今年のクリスマスは切なかった。






いや、ハードボイルドだった。








特に、何もなかったのではあるが。








クリスマスに何もないって、逆にヤバいだろ?

(逆の使い方があってるのかしら?)







ダイハードのマクレーンでも何かあるぜ?







  










クリスマスイブイブに、スーパー閉店間際に半額セールの脂が変質しかけのチキンを買う。







家で発泡酒とそれと喰らう。







うう、寂しいよぉ。











朝が起きたら、ベットからずり落ちていた。









ハッと気がついたが、そのまま二度寝。









おかげで首が痛い。








イブの営業はいつもどおりだった。









クリスマスでも案外お客様は来るのだ。









営業が終わって、レッスンを3時間ほどした。









晩飯はオーナーがお好み焼きをおごってくれた。







赤と緑でクリスマスカラーだった。








美味しかったけど、逆に切ないね!







  









その後、年賀状が残り約200枚ほど残っていたのだけれど、僕は4枚だけ書いて逃げるように帰り支度をした。










クリスマスイブの夜に、年賀状なんか書いてられっかよ!









帰り際にオーナーが言った。









「一杯だけ飲んでいかないか?」









オーナーが財布をのぞきながら、








「二千円あれば、呑めるやろ…」










と小声で言ってたのを僕は聞こえないフリをしたけど、着いて行くことにした。










近所のBARで、僕はハイネケン、オーナーはコロナビールを頼み、乾杯した。








   








 あれ?クリスマスだよな?










男二人でBARかよ!










でも、まあ、案外悪くなかったりして。




















明けた25日の朝。







有馬記念の枠順が発表されていた。









【1枠】 1番 オーシャンブルー

【1枠】 2番 ヒットザターゲット

【2枠】 3番 ラストインパクト

【2枠】 4番 ラブリーデイ

【3枠】 5番 アドマイヤデウス

【3枠】 6番 アルバート

【4枠】 7番 ゴールドアクター

【4枠】 8番 ワンアンドオンリー

【5枠】 9番 サウンズオブアース

【5枠】10番 トーセンレーヴ

【6枠】11番 キタサンブラック

【6枠】12番 リアファル

【7枠】13番 ルージュバック

【7枠】14番 ダービーフィズ

【8枠】15番 ゴールドシップ

【8枠】16番 マリアライト








むむ!








本命のラブリーちゃんがなかなか良い順番!








クリスマスに愛の日はなかったけど、有馬記念ではラブリーデイ来るか?これ!







僕の頭の中はすでに有馬記念にシフトしているのだよ。














年末も後わずか!








僕の体にもムチを入れようじゃないか!







ゴールは後何ハロン?









末脚を発揮しようか。








そうだろ?









5枠9番サウンズオブアース!










君と一緒に年末は駆け抜けるぜ!









  








競馬新聞、赤ペン。







クリスマス当日はあんまりお客様が来ない。







トナカイより、馬だろ?馬!





…あれ?何か忘れてるような?















はい、年賀状書くの忘れてた感じで。









おまけ

http://youtu.be/mPtyEndKUHE

目利きになりたい。like a 中島誠之助さん

古い物は良い物?






今夜はレトロの話をしたいと思うよ。






「レトロ」ってなあに?






懐古趣味ってことさ。







昔を懐かしむ、古い物を好むこと。







  







これは年齢層によって違うもの。








例えば僕からすればカセットテープはレトロ。







今の若い子からすればCDプレイヤーはレトロ。








還暦すぎてる人からすれば、蓄音機がレトロ?








いや、最近、CDプレイヤーを買ったからね。懐かしいな、と思ってさ。








レコードはレトロになってしまった。









僕も休みの日にはたまにレコ屋を漁る。









埃っぽいし、めんどくさいけど、何か懐かしい気がするものです。







とくに、好きなレコードやCDが状態が良いのを買えた時の喜びはひとしお。

  









ところで初代ファミコンのドラゴンクエストのはデータ容量が64KB。








科学の進歩は目覚ましいけれど、レトロの良さもあるのだよ。









本物そっくりなリアル感も素敵だけど、ドット絵は、それはそれで良いんだ。

  










僕は昔、雑貨屋を出したかったこともあり、国内の骨董市や海外のバザーに行ってみたことがある。









大阪で飲み屋のキャッチのバイトをしていた経験からしつこく値下げ交渉をして怒られたのを覚えている。










どの市もバザーもたくさんの人がいた。










それだけ、古い物を愛する人が多いってことかもしれないね。 

 









僕は来年、三十歳。










そろそろ年齢を感じる頃かしら?









いや、まだまだ新しい贋作。









  










できれば「いい仕事してますね〜」と言われるような。









立派なレトロになれるように生きていこうと思います。









はい、なんでも鑑定団が値段をつけれないのは僕たちの未来の価値な感じで。














おまけ

http://youtu.be/Xlan54lL3Ao

恋するフォーチュン

僕の友達の地元には「売ってもうらない商店街」というものがある。




なんのことはない。







占いだ。占いで商店街を盛り上げるからついたネーミングなのだ。







今夜は占いの話をしようと思うよ。







ね、そこのあなた。







占いって信じますか?







  
占いの種類はだいたい命・卜・相の三種に分かれるも言われている。





命=運命、宿命など人生の流れを占うものだ。その人の性格など。







卜(ぼく)=人が関わりあう事件を占うものである。恋愛、金銭など。






相=手相や名前などを見て、未来を占うもの。夢占いもここに入る。







世界は広い。たくさんの占いがある。

 






 
タロット、四柱推命、風水、姓名判断にどうぶつ占い。







僕自身は占いというものにあまり興味がない。







あんまり科学的じゃないからだ。







「金運占ってください」って言ってお金払ってる時点で金運ないじゃん?







占ってもらってる間に勉強なりなんなりした方がいいじゃん?







でもそんなこと言うと女の子はたいがい「面白くない」なんて言う。








どうせ僕は面白くない男ですよ。








僕のお袋も占いが好きだった。









高名なタロット占いの友人がいたらしい。









僕のことも頼んでないのに毎回占ってもらってたらしい。










タロット占い師さんは僕をこう占った。








「お金には困らない人ですね。モテますね。家庭は持たない方がいいかもしれません」








おい、ちょっと待て。










僕はお金には困ってないけど、それは貧乏性なだけだぞ。缶詰と発泡酒ですごい満足しちゃうんだぞ。何枚スクラッチカード買ったと思ってんだよ。一等の百万円、当ててくれよお!







あ、すいません。







とりみだしました。








次に!モテます!だって?いい加減なこと言うんじゃない!モテてぇよ!街を歩いても女の子は声かけてくんないぞ。あと、僕の顔見てから占ってみやがれ。この野郎。後、結婚ぐらいさせてくれ!





ま、良い占い結果なのでこっそり信じてたりするのだけれど。
















雑誌を開く。僕の乙女座何位?






ラッキーアイテムが高級腕時計?








持ってたらすでにラッキーだろ。








  






こんな言葉がある。








当たるも八卦、当たらぬも八卦。







なんでもありかい!













モテたければ、占いよりも美容院へ。






hair make RECOLIAでは素敵な恋のお手伝いができます。







自信をつけるなら、占いよりも美容院の方が現実的ですよ。







こんなこと言うと、また「おもしろくない」と言うかもだけどね。


ちなみに12月は全商品20%オフ!







はい、あなたの金運上がってる感じで。

(久しぶりに宣伝しました。ごめんね。)




おまけ

http://youtu.be/uO4s37txwO0

宝くじシュミレーターしちゃダメ!

あっという間に年末だ。






年末の忙しい雰囲気が好きだ。






クリスマス前に沸き立つ街が好きだ。






正月に動きたくないから、買いだめするのが好きだ。







いつもよりたっぷり酒を飲めるのが好きだ。






忘年会、忘年会、忘年会、同窓会、忘年会。






年を何回忘れるのかしら。

(そんなに覚えてねぇよ)







忘れたからってリセットはできないのですよ。








飲食店、小売業、アパレル、だけではなくて美容院も年末は忙しい。

(お金稼ぐぞお!) 







 






写真はイメージです。








まぁ、僕は変わらずハマり始めたダーツとお酒の日々である。

(そりゃあ、まあ、ちょっとは練習もするけど)








このまま遊び暮らすには、当てるしかないのである。









年末と言えば、年末ジャンボ宝くじだろ。






今夜は宝くじの話をしよう。







我が地元、大阪は梅田の第四ビル売り場なんぞは行列ができるほどの人気である。







今年は史上最高額の前後賞合わせて10億円らしいよ。

(宝くじもインフレしているのね)






みんな話す。







「10億円当たったらどうする?」








この話題ができるのは、宝くじを買った人だけ。








もっとも、宝くじの確率は1000万分の1。








僕とテイラースウィフトがデートするぐらいの確率かしら。








ま、俗に言う「夢を買う」ってやつですか。








  
(キャッシュ!キャッシュ!)







ところで、宝くじが当たると言われるコツがこちら。






・黄色いタオルに包んで保存






・神棚に保存







・神様にお祈りをする







・トイレなど掃除する








・黄色の物を身につける








・良い夢を見た日に買う







・ツイてる日に買う







だってさ。






ツイてる日に買うってなんだよ。







こんなの、オカルトじゃん。






一つ言えるのは買わなきゃ当たらない。







宝くじ自体に税金がかかっているので、賞金に税金はかからない。







非課税で10億円が手に入るチャンス。







一枚ぐらい買ってみてはいかが?






 






久しぶりに雑コラをいっぱい貼ったけどさ。







ウチのオーナーは宝くじを買わない。

(あの人は現実主義だから)







もしかしたら、宝くじを買わないのが一番の節約かもね。






僕かい?








今年はスクラッチに一万円以上遣ったけれど、当たらなかったぜ。






個人的には有馬記念に夢を見たいと思います。







ちなみに、ここだけの話。





ウチの店で髪を綺麗にすると、モテモテになり、宝くじが当たり、難病が治ります。

(あくまで当社比です)






  







はい、年末はウチの店で髪様にお祈りする感じで。

(宝くじ当たるかもよ)







おまけ

http://youtu.be/HPeLAjvmvwg








ほんならこの辺で。






宝くじ当たったらオゴります。

脱いだらオシャレ。おかげさまです。

天高く馬肥ゆ秋も深まり、そろそろ冬になろうかというこの季節。





ついつい食べ過ぎちゃいますね。





  
今夜は体型の話でもしましょうか。







ここで、一つ自慢をします。






僕はまぁまぁそれなりの体型であります。







29歳、お腹、出てないですよ。

(人生の先輩は不気味な笑顔でこれから太ると言うけれど)






ぽっちゃりでもなければ、ガリガリでもなく、極端にムッキムキでもない。







それなりに筋肉もつけているつもりだ。







少しは気をつかってたりする。







晩御飯を食べなかったり、筋トレしたり、野菜やササミを摂ってみたり。








一時期は雑誌『Tarzan』を毎週購読し、プロテインを飲んで、筋トレと走り込みをした。








夏に海に行くわけでもないのにね。






ある日、ウチのオーナーが僕に頼んできた。







「痩せたいんだが、コーチしてくれないか?」






聞けば、いろいろなダイエットをやってみたのだけれど、どれも長続きしなかったらしい。






「本気でやるならいいですよ」






と、僕は答えた。






飽きっぽいオーナーだけれども、毎日少しずつのダイエットが始まった。







レコーディングダイエット、食い順ダイエット、さらに奥さんがヘルシーな食事を準備、ごはんの前には水をしっかり飲む、最初の一ヶ月は筋肉トレーニング…etc。







  







オーナーは最初の一ヶ月で3キロほど痩せた。

(理想的なペースである。急激に痩せるのはよくない)







誰が見ても少し痩せていた。






そして、筋肉もついてきたのそろそろ有酸素運動に移ろうかという時期で、オーナーはついにダイエットに飽きてしまった。






ここからが怖いのである。







ご存知、リバウンドである。







抑制された食欲は解放され、忙しさも相まってか運動もできない。






またもや、オーナーは元の木阿弥となってしまった。

  













ところで、僕がヒップホップ好きなのは、みんなが知っているところだと思う。






ヒップホップにはマッチョイズムという男の強さを全面に押し出す考えがある。






もちろん、ジャパニーズヒップホップには別の考え方もあるし、それは人それぞれなんだけれども。






僕はゆるいのも、マッチョイズム溢れるのも、軟派でイケイケなのも、全部好きだ。

(売れるジャパニーズヒップホップはマッチョイズムなのは少ないけど)





マッチョイズムがなくったって、太ったらB系のファッションになっちゃうかもね。






僕は上半身裸でPVに出るラッパーを格好良いと思ってるよ。笑ってる人もいるかもだけど。






だから、今夜も筋トレするよ。







http://youtu.be/Hak85pZhV0E
(僕はこの曲聴いていつも筋トレをしているよ)







筋トレをすると、自分に自信がつく。






プラス思考になる。







そりゃあ、そうでしょ。







毎日鏡の前の自分が良い体になっていくのだから。

(芥川賞の「スクラップ・アンド・ビルド」を読んだら分かりやすいかと)








自己顕示欲VS食欲、あなたは勝つのはどっちかしら?



はい、偉そうなこと言いながら昨日の晩は揚げ物とビールで晩酌しちゃった感じで。

(アウトー!オーナーにあんまり偉そうなこと言えないぜ)





おまけ
http://youtu.be/W67ZMyUscCE

いつもこれ観てオーナーと筋トレしてます。

目指せ!ボクサー体型!

われなべにとじぶた

お鍋を買ったよ。





IHの電気コンロも一緒にね。






今年の冬は、鍋を食べまくるぞ。






ところであなた、何鍋が好き?






  





鍋っていいよね。





今夜は鍋の話でもしようかな。






鍋を囲むと、自然と仲良くなるよ。







中には潔癖症で鍋が食べれない…なんて人もいるかもしれないけど、僕はありがたいことにちょっとぐらいアレでも平気さ。






もちろん、そこにビールがあれば文句なしであります。






ところで最近の鍋の種類ときたら、たまげたね。






水炊き、味噌鍋、トマト鍋、カルボナーラ鍋、キムチ鍋、トンコツ鍋、カレー鍋、シチュー鍋、中華鍋、ちゃんこ鍋、豆乳鍋、チーズ鍋、もつ鍋、すき焼き、しゃぶしゃぶ鍋、深川鍋、闇鍋…etc。

 






 






種類は豊富なのよね。






うーん、カレー鍋とかシチュー鍋って、ただのカレーとシチューとどう違うんだろう?







もちろん、ポン酢、大根おろし、紅葉おろし、ゴマだれ、柚子胡椒、一味…と味付けも千差万別。







ここにシメも入るだろ?






おじや、リゾット、ラーメン、うどん、パスタ…。





つまり、鍋って料理は簡単でありながらかなりのバリエーションがあるのだ。

(偉そうに言ってるけど、当たり前のことである)






あなたは鍋に何を求める?





白菜のシャキシャキ感?





お肉の旨味?





ダシ汁の奥行きのある味わい?






根菜のホクホク?





餃子の肉汁が溢れ出すアレ?





やっべ、書いてて腹減ってきた。






ノンノンノン!






僕は断然、「みんなでワイワイ食べる賑やかさ」だよ!






男の一人暮らし、寂しいのである。







みんなで食べてこそ、温かい食卓なのだ。






そんなわけで、僕が購入した鍋は4〜5人用の中型だ。






  





どんなに美味しいお鍋でも、一人で食べたらきっと物足りないよ。





みんなで食べるから美味しいんだよ。





去年の年末、弟と親友を呼んで鍋パーティーをしたことがある。





机の上には鍋が二つ。数え切れない種類のお酒。誰かが頼んだピザ。お菓子。





その夜、どんな馬鹿騒ぎをしたかはここでは書けない。

(お店のブログだからね。僕もネットリテラシーぐらいはね)






とにかく、最高の夜を過ごしたのだ。






それ以来、鍋ってのはみんなでワイワイと楽しく食べるのが一番だと、思ってる。





ところで、ヨーロッパの諺でこんなのがある。






「見つめる鍋はなかなか煮えない」





いちいち確認したりしたら、余計に時間がかかってるように感じちゃうよってことだと思うんだ。





「僕たち、仲良しだよね?」なんて言うよりは、一回鍋でも食べたらいいんじゃないかな。






鍋を囲むと自然と仲良くなれるよ。

 





 





人生は長い。





鍋と一緒かもしれない。





何も具が無いのは寂しいし、GLAYのサバイバルみたいに「ちょっとぐらいの絶望も長い目で見れば極上のスパイス」なのかもしれない。





ほら、キムチ鍋って美味しいじゃん。





あんな感じ。






美味けりゃ、カルボナーラだろうがカレーだろうがなんでもいいんだよ。





長々と書きましたが、近々鍋パでもしたくなったのでございます。





人生は長い。






  






たまには馬鹿騒ぎの夜もいいんじゃないでしょうか?





はい、あなたと同じ釜の飯を食いたい感じで。






おまけ

http://youtu.be/gLoLsftmLAo

1 / 712345...最後 »
Copyright© Hair Make RECOLIA All Rights Reserved.